宇都宮・栃木県のB型肝炎給付金請求を弁護士が完全サポート


B型肝炎給付金の請求なら、けやき宇都宮弁護士法律事務所へご相談ください。

着手金不要完全成功報酬で宇都宮市から栃木県全域の皆様を完全サポートしております。

 

B型肝炎訴訟給付金とは

 

あなたは、保健室や教室に集められて、一列に並んで予防接種を受けた記憶はありませんか。かつて、この集団予防接種では注射器の使いまわしが横行しており、集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は、約40万人も存在すると考えられています。

国に責任があると認められ、特別措置法が定められることで、集団予防接種でB型肝炎に感染した方には給付金が支給されることになりました。

 

給付金の額は、症状に応じて50万円~3600万円です。なお、無症候性キャリアから肝硬変に悪化した場合など、給付金の支給を受けた方の病状が進行した場合には、既に支給された給付金との差額分が、追加で支給されます。

 

以下の2条件に当てはまる方や、その相続人が給付の対象となります。

  1. B型肝炎ウイルスに持続感染していること
  2. 満7歳になるまでに、集団予防接種(昭和23年7月1日~昭和63年1月27日までの間)を受けて感染した方及びその方から母子感染または父子感染した方

 

給付金の請求には期限がありますから、ご自身も集団予防接種でB型肝炎に感染したかもと思ったときは、お早めにご相談ください。

宇都宮市や栃木でB型肝炎訴訟なら弁護士に相談

 

ご相談は今すぐこちら

 

 受付時間 / 9:00~18:30
夜間・土・日・祝祭日も柔軟な対応をしております


 ☎ 028-650-5398

※スマートフォンはタップで電話

 

ご相談から給付金受領までの流れ


弁護士に相談からB型肝炎訴訟の流れ

まずはお電話(028-650-5398)、またはこちらのフォームより無料相談のお申し込みをお願いいたします。

無料相談にて弁護士のお話にご納得の場合のみご依頼ください。それぞれ証拠が揃いましたら訴訟を提起いたします。

国との和解が成立しましたら給付金の受領という流れになります。

給付金額と対象者


B型肝炎訴訟給付金額について

 

■ 死亡・肝がん・重度の肝硬変

  • 発症後20年を経過していない方:3600万円
  • 発症後20年を経過している方:900万円

 

■ 軽度の肝硬変

  • 発症後20年を経過していない方:2500万円
  • 発症後20年を経過し、今なお肝硬変にかかっている事実があるか、または、治療を受けたことのある方:600万円
  • 発症後20年を経過し、今はもう肝硬変にかかっている事実がなく、かつ、治療を受けたことのない方:300万円

 

■ 慢性肝炎

  • 発症後20年を経過していない方:1250万円
  • 発症後20年を経過し、今なお慢性肝硬変にかかっている事実があるか、または、治療を受けたことのある方:300万円
  • 発症後20年を経過し、今はもう慢性硬変にかかっている事実がなく、かつ、治療を受けたことのない方:50万円

 

■ 無症候性キャリア(感染後)

  • 20年を経過していない方:600万円
  • 20年を経過した方:50万円プラス検査費用など

 

■ その他の主な給付

  • 給付金の請求訴訟にかかる弁護士費用として、給付金額の4%相当額
  • B型肝炎円ウイルス感染者であることを確認するための検査費用の一部

B型肝炎給付金の対象者

 

① 一次感染者

一次感染者とは、対象期間(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日)に集団予防接種等を受けて、B型肝炎ウイルスに持続感染している方をいう。

 

(認められるための条件)

  • B型肝炎ウイルスに持続感染していること
  • 満7歳になるまでに集団予防接種等を受けていること
  • 集団予防接種等における注射器の連続使用があったこと
  • 母子感染ではないこと
  • その他集団予防接種等以外の感染原因がないこと

 

② 二次感染者

一次感染者の母親から母子感染等によりB型肝炎ウイルスに持続感染している方をいう。

 

(認められるための条件)

  • 母親が一次感染者の条件をすべて満たすこと
  • 本人がB型肝炎ウイルスに持続感染していること
  • 母子感染であること

 

③ 一次感染者または二次感染者が亡くなられた場合のご遺族

B型肝炎が原因で亡くなってしまった方については、ご遺族相続人の方がB型肝炎訴訟を起こし、給付金を受領することができます。